新居へ移る姪へ結婚祝いに胡蝶蘭をプレゼント

私は32歳の女性で、現在、政治家の事務所で秘書をしています。
政治関係の御祝いごとの際には、必ず胡蝶蘭を贈っるので、よく注文をしています。例えば、選挙後に新しく当選した議員へ贈ったり、親しい議員が大臣や政務官などの役職に就任した際にも、就任祝いとして贈ります。また、知り合いの方のお店の開店祝いの時にも胡蝶蘭を使っています。
胡蝶蘭を選んでいる理由は、見た目が美しく、豪華でありながら、ほとんど香りがしないことや花粉が飛ばないなど、人の出入りが激しい場所でも気兼ねなく置いてもらうことができるからです。私の職場にも胡蝶蘭が贈られてきますが、花自体が長持ちするので有り難いです。大事に管理をすれば、2ヶ月程度は咲きますし、枯れる時も花自体がポロっと落ちるだけなので、他の花に比べて掃除がしやすいです。お水をあげるタイミングは、週に1回程度、カラカラに乾いてからなので、忙しい職場でも水やりの手が掛かりません。花が咲き終わった後も、上手に手入れをすれば、再び花が咲くので、もう一度楽しんでもらうこともできます。
また、一年中生産されており、安定的に手に入れることができるので、急な御祝い事の時にも便利です。胡蝶蘭には「幸運が飛来する」という意味があるそうなので、花言葉も御祝いのシーンに合っています。
贈るタイミングは、選挙の際は当選が決まった直後など、次の日には到着するように手配をします。就任祝いの際は、前々から情報を得ておき、公表と同時に送り先に到着するようにしています。開店祝いの際は、先方も色々と準備があるので、開店の前日には到着するように手配をするか、迷惑にならないよう、先方に都合を聞いてから贈るようにしています。御祝ごとには、いち早く届くように気をつけています。
選ぶ胡蝶蘭は、だいたい3本立てか5本立てで、価格は大体3万から5万円といったところです。胡蝶蘭の色は白を贈ることが断然多いですが、女性などには、時々ピンクの胡蝶蘭を選ぶこともあります。立て札には贈り主の名前が大きく書かれているので、贈った相手にも来客の方にもひと目で誰からの御祝いかをわかっていただけると思います。そういった一種の関係性をアピールする手段としても使えます。一度、10本立ての胡蝶蘭の鉢を見ましたが、それはそれは豪華絢爛で、ひと目で高価な御祝いの品であることがわかりました。
まるで蝶が舞っているような華やかさを持つ胡蝶蘭は、必ず相手に喜んでもらえますし、何よりもビジネスシーンで間違えのない贈り物として重宝しています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*