胡蝶蘭の育て方と体験談

胡蝶蘭は、東南アジアに分布する熱帯のラン科の植物で、暖かい地域の植物なので、寒さには弱いのが特徴です。胡蝶蘭は樹木などの表面に根を張り、そこから養分を吸収する着生ランです。名前の由来となったとも言われる、蝶が舞っているかのような花びら、その堂々とした姿は、気品にあふれ、非常に豪華な印象を受けます。その印象からか、日本ではビジネスなどの贈り物として選ばれる花の代表となっています。
そんな胡蝶蘭、いざ贈られた際も困らないよう、基本的な育て方や、注意点を確認したいと思います。

最も重要なことは、前述したとおり、胡蝶蘭は熱帯地方の植物です。お店では、年間を通じで販売されていますが、これは温室で温度調節され栽培されたものです。寒さに弱い植物なので、冬は室内の暖かいところに置いてあげて下さい。10度を下らない場所を選びましょう。さらに、風通しが良く、十分明るいところがベストです。直射日光も大敵で、葉焼けをおこしてしまいます。寒い冬の時期は昼は暖かい窓際に置くことも考えられますが、レースカーテンなどで遮光はしましょう。外に置く際は、最低気温が18度以下にならない時期でしたら可能です。その際も遮光ネットを利用し、直射日光は避けてくださいね。

水やりについては、あまり何日に1回というようなことには、こだわらない方が良いかもしれません。鉢の大きさや、植物自体の大きさ、外気温、湿度など様々な要因により、適切なタイミングが大きく変わってくるからです。基本的に根腐れを防止の観点で、鉢の中を一度乾かす必要があります。完全に乾いたのを確認してから、今度はたっぷり水をあげてください。たっぷりといっても、受け皿に溜まらない程度にしてください。

カビなどによる生育環境悪化を避けるため、最低でも2年に1回程度は植え替えをしましょう。時期は4月、5月がベストでしょう。暖かい時期なら可能ですが、冬は避けましょう。植え替える際は、ビニールポットが付いていたら外し、古い水苔を全て外し、熱消毒したハサミで、腐っている根や古い根を切ります。そして、根と根の間と周りに新たに水苔を含ませ、新たな鉢に植え込みます。ラン用素焼鉢がオススメです。隙間があれば水苔を含ませます。植え替え後は、水は10日程度はあげないようにしてください。

贈り物で頂いた方など、あまり胡蝶蘭について知らないか方は、一度しおれて終わりだと思って、捨ててしまう方なんかもいらっしゃいます。それは非常にもったいない。花芽を適切に切り、また翌年にも花を咲かせましょう。やり方は簡単です。熱消毒したハサミで、根元から切るだけです。秋には新たな芽を見せてくれることでしょう。

と、いろいろ書きましたが、基本的に胡蝶蘭は、基本を守れば長く楽しめる植物です。かわいがってあげれば、何年も気品溢れる姿で楽しませてくれることでしょう。

5fd-p

胡蝶蘭を贈った体験談

花は時に人の心を潤す効果があります。
花にも色んな種類がありますが、皆さんはどのお花が好きですか。

私は先日、従姉妹の娘がピアノの発表会があるので観に来ないかと招待を受けたので、胡蝶蘭の花を持って行きました。
胡蝶蘭は大人の女性に贈るイメージがあったのですが、お祝いの花には胡蝶蘭が良いと店員さんから教えて頂き、真っ白の胡蝶蘭を可愛いピンクのリボンでラッピングしてもらいました。

小学校に上がったばかりの子ですが、ちょうど発表会のドレスがビンクの花をあしらった純白の衣装だったのでお祝いに花を選んで良かったと感じています。

胡蝶蘭は、色んな花言葉があるみたいなんです。
愛や清純を意味しているようです。
胡蝶蘭は私は白のみだと思っていましたが、どうやら黄色や紫、ピンク色もあるようです。

大きさも種類によって様々で、一番大きいのだと人間の成人の半分くらいの大きさにまで育つものもあります。
私が買ったのは、子供が持っても重たくないサイズです。

胡蝶蘭は、長く持つ花で有名です。
普通の花束ですと1週間ほどで美しさは衰え枯れていってしまうイメージですが、胡蝶蘭の場合は数か月持つそうです。

プレゼントしたその子も、今も大切に部屋に飾っていてくれているそうで喜んでくれていることが何よりも嬉しいですね。

先ほど延べた白の胡蝶蘭は清純さなど可憐な意味がありましたが、他の色はどんな花言葉があるのか気になって調べてみました。

実は黄色や紫などにはまだ花言葉はないようです。
ですが、ピンクにはちゃんと花言葉がありました。
それは、あなたを愛す。とか愛し続ける。などの愛を象徴した意味があるようです。
恋人に贈る花は薔薇というイメージがありましたが、これを読んで私の中のイメージが変わりました。
王道の薔薇もとても良いですが、ピンクの胡蝶蘭を記念日や、大切なプロポーズの際に渡すのも良いかもしれませんよね。
渡された時は、ただ綺麗だけでピンとこないかもしれませんが、調べたらその意味に感動する。というシチュエーションに女性は憧れがあるように思います。

喧嘩してしまった時に仲直りのきっかけ作りに胡蝶蘭をプレゼントするのも良いかもですね。

3fd-w

この胡蝶蘭は育て方によっては寿命の伸びが違うようです。
花が咲いた状態では数か月綺麗に持ち、その後枯れてしまっても茎が残っているのでまた新しく咲きます。
上手に育てれば、それが数十年も続くこともあるようです。

今まで私は花をプレゼントする機会はあったものの自分で育てることは一度もしたことがありませんでした。
ですが、この機会に胡蝶蘭についてもっと調べて自分の家でも育ててみたいと思います。